Image module

看護職員は特別養護老人ホームに配置されており、利用者様の体調管理や医師の指示に基づく医療処置、健康相談への対応などを行います。ここは利用者様にとって自宅といえる生活の場です。体調が悪ければ通院同行したりなどもあり、看護師は健康に関してのよき理解者として、利用者様に常に寄り添っています。

看護部の仕事内容について教えてください

Image module

看護部責任者 川村

初めての方にはイメージが掴みにくいかもしれませんが、特別養護老人ホームは「終のすみか」といわれる場所ですので、ここに自宅と同じようにお住まいの利用者様の健康管理をするのが仕事になります。疾患のあることが前提である病院と違い、あくまでも「日常生活の中の医療的なサポート」という視点での看護になります。やりがいも病院のそれと全く異なると思います。
チームとしては、利用者様の生活を尊重しながら「なるべく入院をさせない」ことを目標にしています。常日頃から利用者様と積極的に関わり、介護職員と連携を図りながら些細な変化も見逃さないように気をつけています。
子育て中の職員も多く、皆が助け合ってお互いの生活もサポートしながら働いています。良い看護は良い仕事環境から生まれると考え、職員同士でも気遣い合いながら利用者様の健康を守っています。

看護師の一日の仕事を追ってみました!

  • 朝の申し送り
    9:00
    看護師は夜勤はありません。当直の介護士さんから利用者様の夜の様子が細かく申し送りされます。普段と違ったことがあれば特に注意するようにしています。
  • バイタル測定
    9:30
    看護師みんなでバイタル測定でラウンドします。状態の悪い利用者さんはしっかり観察しますが、医療機関ではないので基本的には安定されている方がほとんどです。他愛のない会話もありますし、利用者様とのおしゃべりも多く取るようにしていますよ。
  • 休憩・食事介助
    12:00
    スタッフ同士で食事休憩を回しつつ、経管栄養や食事介助の必要な利用者様のケアをします。看護師にしかできないこともありますけど、基本的にはみんなで利用者様のケアをしていくという考えで動いています。
  • セルフケアの援助
    14:00
    処置などがなく時間を作れればレクに参加したりすることもあります。普段の様子も観察できますし、なにより一緒に参加するのが楽しいです。入浴も時間を分けて行いますが、介護士さんと協同したりアドバイスしながら皮膚の状態観察なども行っています。通院の必要な利用者様を病院に連れて行くこともあります。
  • 記録
    16:00
    特に時間が決まっているわけではありませんが、医療の記録はしっかり残しておきます。介護士の夜勤さんへの申し送り内容もまとめておきます。
  • 申し送り・終業
    17:00
    たまに残業もありますが、だいたいは定時で帰宅です。オンコールの日は緊張感がありますけど、一日を充実して終われると気持ちが良いものですね。
利用者様の状態によって変化もありますが、時間に追われず一人ひとりとしっかり関われるのが良いところです!
Image module

応募・お問い合せはこちらから

採用関連のお問い合せ
採用情報TOPページ